インディアンサマー

人生の小春日和日記

電話には出たほうが良い

2014.4.16


はじめて予備校の講義に出た。
1回3時間くらいの長丁場で、途中休憩を挟むけど僕の集中力ではなかなかしんどいなと感じた。


ブックカバーを入稿。少なくとも文フリ当日に何もないという事態は避けられそうで良かった。




2014.4.17


朝から腹痛と頭痛。
胃薬飲んで寝てたら治るだろうと思っていたらひどくなる一方で最悪だった。


結局一日中ベッドとトイレの間を往復する羽目に。


働いてる間にこれが来てたら休めないし最悪だろうなと思った。
無職で良かった。


あとMさんからもらった最終稿がとても良くて、いろいろ考えてしまった。
彼が真摯に他者と対することができるのは本当にすごいと思う。

シャチハタではだめと言われて退き下がるシャチハタ鈴木その凛とした画