インディアンサマー

人生の小春日和日記

そういえば屋外に設置されてるエスカレーターって雨で大丈夫なんだろうか

2014.4.3


東京は一日中雨だった。


会社の早期退職の説明会に行く。地下鉄の運賃が値上がりしていた。会社の近くに公園があって、雨で散った桜の花びらが水たまりをまだらに染めていた。
説明会が行われた会議室の窓から建設現場のクレーンが何かを上げたり下げたり移動させたりしている光景が見えて、途中からずっとそっちばかり見ていた。


クリーニング屋に行くつもりだったのにタッチの差で閉店してしまっていて間に合わなかった。


さっきまでMさんとスカイプで話をしていたのだけど、「漠然と全体的につらい」というフレーズがとてもツボにハマった。どうしようもないんじゃないかそれは。
寿司屋のアルバイトが寿司を食べられないと言うのはこう、南米のカカオ農園の子供たちがチョコレートを食べられないみたいなアレの亜種なのかなと思う。

この雨に平成二十六年の格差社会の桜散りゆく