インディアンサマー

人生の小春日和日記

ああいうのを受けとる勇気がない

2014.4.1


エイプリルフールが嫌いなので本当のことを言ったら案の定スルーされてうけた。
会社やめます。


主な理由はお金の貧乏と時間の貧乏の片一方ならともかく両方を兼業するのはいやだなと思ったからです。
あと本当に会社に先が無さそうだから、せめて真っ当な退職金がもらえるうちに辞めたかったというのもある。


早期退職者扱いでいろいろ優遇してもらえるのもここで乗らなかったら今後は無さそうで、辞めるなら今しかない!感が去年の12月あたりから社内に充満しまくっていてヤバかった。結局全従業員の半分近くが辞めるらしいです。どうすんだろうちの会社。


こういうのってけっこう今後の人生に係わる重い決断だと思うんだけど、自分があっさり決めといて言うのもなんだけど、君たちの人生はほんとうにそれでいいのか。こんなにみんなあっさり辞めてっちゃったらこう、苦渋の決断感がまるで無い。みんななんとなく空気読んで辞めてるんじゃないのか。こんなに決断力溢れる社員がいっぱいいたのならうちの会社はこんなになってないだろ。


それはそれとして、しばらく残務処理が続く。果たして僕は有休消化に入れるのか。


あと無職になるのでせめて日記くらいは付けないとまずいような気がしたので日記ブログを開設しました。
更新しないブログを増産することに定評があります。


今後はゆるゆる就職活動したり公務員試験の勉強(実は12月からやってる)をしたりしながらしばらく過ごすと思います。
今度はせめて無くならない職場に勤めたいですね。

駅前にものみの塔の人が居て「目ざめよ!」と言う 春がまぶしい